鮭児(ケイジ)


 1万匹に1匹の「幻の鮭」


鮭児(ケイジ)11月上旬から中旬にかけて、主に知床から網走付近でとれる若いシロザケのことです。
鮭児(ケイジ)は1万匹に1、2匹の割合で獲れるので幻の鮭と呼ばれています。
鮭児が幻と呼ばれるのは、母川に帰る1〜2年前に北海道の川で放流された鮭と、
沖合いを遊び回っている時、間違って捕まるからなんです。
普通、「鮭は大きい方がおいしい」と言われますが、鮭児の場合は、全く別物なのです。
体力十分の成長期なので「良く食べ、よく遊ぶ」ため魚体全体に旨い脂肪がのっているんです。
それが「幻の鮭」と呼ぶにふさわしい特別な味を出し、マグロの大トロのようにまるでとろけるような味わいがするのです。
以前は、鮭漁師が自分達だけで食べていたとも言われています。
しかし、今のようにグルメ番組で知られるようになってから、ニセケイジが出回ることもあるのでご注意下さい。
そんな愛すべき鮭児(ケイジ)をぜひ楽しんで頂きたいと思います。



※画像をクリックすると大きな写真と販売店が見れます。



羅臼産 鮭児(ケイジ) 幻の魚(1万匹に1匹)

一生に一度の味


銀毛の鮭と比べても、鮭全体に脂がのっていてるので
高級寿司店のネタとして使われてます。
しかしその希少価値から中々食べることができません。





全身がトロ状態の鮭


鮭児を一番おいしく食べるには、
その大トロの味を損なわないように
半解凍状態のルイベで食べると良いです。
幻の鮭「鮭児【けいじ】」切り身 2切れ約150g




舌の上でとろける味わいを楽しめる幻の鮭。秋鮭の本場北海道道東方面でも1万匹に1匹の割合でし...

最高級品は何やっても旨い


焼き魚として食べるには、もったいない気がします。
ですが!
脂ののりがものすごいので、焼いてもふわふわでまろやかなんですよ!!



販売先はコチラ
売り切れも御座いますので、それぞれをご確認下さいませ。
【楽天市場】よだれの出る食べ物ショッピング
【楽天市場】さけ 売れ筋ランキングBEST30


TOPに戻る