千寿葱


 一般には知られない「極上の葱」


浅草の近く千住に日本で唯一長葱のみを扱う市場があります。
この千住市場に毎朝、畑で収穫されたもっとも良い長葱だけを各農家が運んできます。
この葱を「千住葱」もしくは普通の千住系葱と区別するために「千寿葱」と呼ばれています。
この千寿葱、実は約二百年前から江戸の食通をうならせてきた極上の葱なのです。
「飛び切り甘くて煮崩れをおこさず、それでいて口の中に入れるととろける葱がある」と評判で、
葱を使う料理職人の間に広まったそうです。
しかし、この葱が一般的に知られていないのには2つ理由があります。
一つは、千寿葱を作っている農家は5軒ほどにも関わらず、厳選品なので職人さんにしか回りません。
そしてもう一つが、葱を厳選する葱商(ねぎの鑑定人)は、血縁者か、
十年以上葱商の下でよい葱を見極める経験を積んだ者でないと、
千寿葱を扱う事が出来ないという厳しい規則があります。
しかしこれらは、各農家や市場、葱商が責任を持って最高の葱を育て、
料理職人の元へ届けるという信念で成り立ってきたからなのです。
そんな愛すべき千寿葱をぜひ楽しんで頂きたいと思います。



※画像をクリックすると大きな写真と販売店が見れます。



一度食べたら忘れられない味


江戸時代から続く千寿葱は、多くの食通をうならせてきた極上の葱です。
厳寒期の霜にあたり、緑の葉部分が枯れ、中心部分は糖度16度前後と驚異の甘さです。



本物の葱


今まで食べていたネギは一体なんだったんだろう?
本物のネギは、こんな味だったんだ!!とビックリします。



最高級品は何やっても旨い


冬は千寿葱の季節 11月中旬から3月いっぱい 千寿葱が一番おいしい季節です。
この葱は万能で、どんな料理にもマッチしてしまいます。
焼いてもOK、煮てもOK、そのままでもOKです。




販売先はコチラ
売り切れも御座いますので、それぞれをご確認下さいませ。
うまいもんドットコム


TOPに戻る