若狭かれい


 古来より天皇に献上されてきた「幻のかれい」


福井県若狭で水揚げされる魚介類は、その美味しさから「若狭もの」と珍重されてきました。
奈良、飛鳥朝の古くから、平安京や平城京への天皇の食材(御贄・みにえ)を納める国である
御食国(みけつくに)として栄えてきました。
それは今でも続き、毎年冬になると若狭かれいは皇室へと献上されています。
鰈の王様・若狭かれいは、その上品な甘さゆえ、甘がれいとも呼ばれています。
しかしその水揚げは極端に少なく、今や幻のかれいとなっています。
そんな貴重な若狭かれいをぜひ楽しんで頂きたいと思います。



※画像をクリックすると大きな写真と販売店が見れます。


超特大、幻の若狭かれい3枚入り

若狭かれい一夜干し


たった一夜のささやきと、自然の計らいが創る稀有の味、
その姿は笹の葉に似て、名づけて『笹かれい』とも呼ばれます。





最高級の干物


最高の干物ですから、炭火を使いたいです。
ガスや電気で焼く場合は、あっという間に火が通るので注意が必要です。
弱めの火であぶる方が上手に焼けると思います。
焼けたヒレやエンガワはたまりません。
笹カレイ極上、(5匹入り)




若狭かれい一夜干し 7枚入【送料無料】

天然塩で旨みを凝縮


光にかざすと反対側が透き通る姿態に、
上品なうまさが凝縮されています。
おいしいものを安く。ネット通販の醍醐味ですよね。



販売先はコチラ
売り切れも多いので、こちらのショップもチェックしてみて下さい。
【楽天市場】よだれの出る食べ物ショッピング
北陸越前からの贈り物

TOPに戻る